システムエンジニアが転職をする際に必要な能力は技術力だけではない

システムエンジニアとしてより有利な条件で転職するためには、能力が求められます。今後システムエンジニアとして活躍していくためには、3つの必要な能力があると思ってください。

 

技術力

まずは何といっても専門性の高い分野なので、技術力は必要です。プログラミングに関する専門的なスキルはもちろんのこと、コンピューターやネットワークに関する全般的な知識やシステムを作成するにあたっての設計力、お客さんの要求を的確に理解して必要なスキルを分析する能力が要求されます。またシステムエンジニアの活躍するIT業界はまだ進化しているので、最新の情報にアンテナを立てることも求められます。

 

仕事力

2つ目に必要な能力として、仕事力があります。限られた時間の中で、最大限の成果を出せるシステムエンジニアは評価されます。例えば書類一つ作成するにしても簡潔な内容で、見ている人が少し読めば内容を理解できるような能力は重宝されます。
またシステムエンジニアの中には、複数のプロジェクトを同時進行している人も見られます。そのような中でいずれのプロジェクトもつつがなく進行できるように、スケジュールの調整能力を持っていることも大事です。スケジュールに関係することで仕事ばかりをするのではなく、時にはプライベートな時間を作る能力も必要です。心身をリフレッシュして、長く仕事を続けられるようにすることです。

 

人間力

3つ目に必要なのは人間力です。システムエンジニアというと黙々とパソコンの画面に向かって仕事をしているイメージがありますが、ほかのプロジェクトのメンバーと共同で作業することも多いです。そのため、コミュニケーションスキルを磨いて情報を共有することも大切なのです。